社員教育の仕方とは?

当たり前であるマナーをまず徹底することから始める

社員1人1人が会社の代表となるため、各々の成功や失敗はすべて会社に響きます。そのことをまず自覚させ、社会人として当然必要であるマナーをまず徹底する必要があります。
挨拶や名刺の渡し方などをまず教育する必要があります。社訓や理念を覚えさせることも教育の1つになりますが、優先すべきはマナーになります。だから、会社自体を好印象にし、信頼を得るために社員1人1人のマナーが大切になります。
また、教育する場とは違い、実際はなかなかマナーは習った通りに行かないものです。なので、先輩とマンツーマンで実践レベルのマナー力を鍛える必要があります。社員教育はそもそも、会社内だけでなく、その外側で発揮すること、実践することが必要不可欠になります。

1人1人が試行錯誤し、意見を言える力を身につけさせる

上司が指示を出せば、部下社員は必ず実行に移します。ですが、これには大きな落とし穴があり、自分で考え、行動する能力が欠如してしまう可能性があります。それを避けるための手段として、社員教育する段階で、あらゆる問題に対して、『自分ならこうする』と試行錯誤する能力とそれを実践する行動力、また、どんな状況でも意見を言い合える発言力を鍛えておくと良いです。
例えば、会社で実際に起こった事例をもとに問題提起し、考えさせるのが良いです。これによって、社員は自分で考え行動する力や会議でひるむことなく積極的に発言できるようになります。会社の業績を伸ばすためには、こうした教育が基盤になるので、必要なことは、実際に仕事を始める前に身につけておく必要があります。

Contents