海外の社員教育ってどんなの?

実力社会だからこそ海外の社員教育は一味違う

欧米の社会の多くは、実力主義でありまして、結果を残すための個人による実績や責任を重要視しています。ただし、同僚などを蹴り落としての個人に対する評価と言うよりは、集団としての一部における個人のあり方を大切にしているのです。そのため、グループやチームを組んで行う社員教育の実施がよく行われています。
日本では、ホワイトボードなどを利用して、説明を行うだけの社員教育もあります。しかしながら、体を使っての社員教育を行う欧米では、体に内容を刻みこむ事ができます。研修の内容によっては、少人数のグループを組んで受けさす事もあります。大人数の内容では、誰かが覚えていると言う安易な考えを生み出す可能性がありまして、個人が身に付ける質の低下をまねいてしまいかねません。

海外の社員教育の発端は、戦争時における造船にある

日本でも欧米型の社員教育を取り入れている企業もあります。この教育内容を、オン・ザ・ジョブ・トレーニングと呼ばれています。第一次大戦の戦争時に、多くの造船を作り上げるために考えられたトレーニング方法です。現在までに、改良が行われ、質の高い社員教育を作り出しています。
予め予備知識を持ち合わせていた方が、社員教育の内容を覚えや易いです。そのため、当日では無く予め1ヶ月ほど前に資料として、具体的な内容を記載されたテキストを配布して目を通してもらう方法があります。忘れた頃に想起をしてもらう事によって、記憶に強く刻む効果を狙ったトレーニング方法です。
質問とは、知りたいと言う不満が知る事によって快感へと変わり、その快感が強く内容を刻んでくれる事もあります。そのため、一人一人に対して積極的に質問をしてもらう方法を取り入れている場合もあります。この快感をさらに求めるために、積極性が生まれ、仕事を行う上での質と作業スピードを高める事も可能と言えるでしょう。

Contents